コラム

 公開日: 2016-04-30 

所有楽器が電子ピアノでも強弱を豊かにつける練習方法

こんにちは。
ピアノ・エレクトーン講師のやうちゆきえです。

今回はご自宅に電子ピアノをお持ちの方向けに
お話をさせていただきますね。

昨今、電子ピアノと生ピアノは全く別のものである
という認識は広がってきている印象があります。

お子さまにピアノを弾かせたい。
または、ご自身がピアノを弾けるようになりたい。

学習者の本来の能力や可能性を
十分に高めるためには
本物のピアノで練習することが一番なのは
まちがいありません。

ですが、様々な事情と考え方で
電子ピアノを選択された方へ向けて
今回は電子ピアノならではの練習方法を
一つご紹介します。

電子ピアノで豊かに強弱をつける練習方法


正確に言うと、
練習方法というよりは設定方法が重要です。

この準備をしてから、
レッスンで習ったように練習を行うと
感覚が分かりやすくなります。

設定方法というと、
難しい事のように聞こえますが
やり方はとても簡単。

電子ピアノであれば普通に存在する
「マスターボリューム」
(基準となる音量を調節する機能)
これを、一番強い(大きい)状態にするだけです。

実は、あまり知られていませんが
多くの電子ピアノは
「pp」(ピアニッシモ)の奏法が困難です。

※「pp」とは、強弱記号の一つで
音の強さ(大きさ)を表す記号。
意味は「きわめて弱く」です。

強弱をつけて演奏することで
盛り上がりは力強く壮大に、
柔らかくいきたい時は弱く。
音楽を心地よく感じる部分の一つです。

私は普段のレッスンの中で、生徒さんには

「弱い音があるからこそ、盛り上がる時が
ちゃんと盛り上がって聴こえるんだよ。」

と話します。


ところが

レッスンでせっかくその感覚をつかんでも
自宅の電子ピアノでは表現できない。

実は、それは奏者の能力ではなく
多くの電子ピアノは「pp」ができないという
楽器の性能の問題なのです。

「 f 」(フォルテ)と呼ばれる
強い(大きい)の音量幅は
細かく設定されているのですが、
弱い音の設定幅はざっくりのものが多数です。

なので、小さい音で練習をしてしまうと
弱い音の練習ができないのです。

それと同時に
基準となる音量を調節してしまうことで
「 f 」の感覚も分からなくなってしまい
強い音を出したい時は、力まかせに
打鍵してしまいます。

演奏者は、練習の中で
「この打鍵でこれくらいの響きを出す」
という感覚をつかんでいくので
基準の音量を変えてしまうのは
強弱の表現を学ぶ上で
悪影響をおよぼしてしまうのです。

とはいえ、
騒音の問題で電子ピアノを選択された方には
この設定をすることは大きな壁になると思います。

ですが、できれば
強弱にポイントを置いて練習をするときだけでも
ヘッドフォンを着用するなどして演奏することを
お勧めいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた。

この記事を書いたプロ

ゆきえせんせいの音楽教室 [ホームページ]

講師 矢内幸恵

福井県福井市南江守町62-1-19 [地図]
TEL:0776-33-5385

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
イベント案内
Musicstyle ミニコンサート01

【 日 時 】 平成28年7月10日 (日)          午前の部 11:30~  午後の部 14:30~【 会 場 】 アルプラザ・ベル(福井市花堂)...

 
このプロの紹介記事
●ゆきえせんせいの音楽教室を主宰する矢内幸恵さん

「音楽を自分で楽しめる力」を身に付けさせたい(1/3)

矢内幸恵さんは、福井市南江守町の自宅で、ゆきえせんせいの音楽教室を主宰。現在、下は3歳から上は50代の方まで、多くの生徒さんに個人レッスンを主としたピアノとエレクトーンの指導を行っています。「どのようなタイプの子であっても、その子なりに...

矢内幸恵プロに相談してみよう!

福井テレビ マイベストプロ

求める物や個性が違う一人ひとりの生徒に合わせたきめ細かな指導

会社名 : ゆきえせんせいの音楽教室
住所 : 福井県福井市南江守町62-1-19 [地図]
TEL : 0776-33-5385

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0776-33-5385

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢内幸恵(やうちゆきえ)

ゆきえせんせいの音楽教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
自主的にピアノ(エレクトーン)の練習に向かいやすい環境づくり ~幼児・小学校低学年向け~

こんにちは。ゆきえせんせいの音楽教室ピアノ・エレクトーン講師の矢内幸恵です。楽器を心地よく奏で...

[ 自宅練習のこと ]

いつ練習させたらいい?幼児期(3歳〜6歳)にピアノやエレクトーンの練習を無理なく定着化させる方法

こんにちは。ゆきえせんせいの音楽教室ピアノ・エレクトーン講師の矢内幸恵です。今回は、音楽教室に通...

[ 幼児期のお子さん ]

3歳~6歳、ピアノ(エレクトーン)教室入会前の幼児さんがやっておくとよいこと

こんにちは。ピアノ・エレクトーン講師の矢内幸恵です。今回は、3歳~6歳くらいのまだ音楽教室デビュー前...

[ 音楽教室に入る前に ]

0歳~2歳だからできる、音楽的な耳の素地づくり

こんにちは。ピアノ・エレクトーン講師の矢内幸恵です。このコラムは、ピアノ教室デビュー前(0~2歳くらい...

[ 2歳までにできること ]

目からタイプ?耳からタイプ?小学生のお子さまを持つおうちの方へ、お子さまのタイプをご存知ですか?

こんにちは。ピアノ・エレクトーン講師の矢内幸恵です。このコラムは、ピアノやエレクトーンを既に学んでい...

[ 児童期のお子さん ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ