コラム

 公開日: 2016-09-05  最終更新日: 2017-01-31

子供部屋の広さは、広ければ良いわけでもないという考え方


マイホームの間取りを決めるとき、「子ども部屋の広さをどうすればいいのかわからない」という声も多く聞かれます。
子ども部屋は、お子さんの人数や性別、年齢などによって変わってきます。
まずは、子どものためのスペースをあらかじめ広くとっておき、兄弟姉妹がそれぞれ個室を欲しがるようになったら将来仕切りをするという方法もあります。

子どもの成長にともなってその用途も変わっていくことも想定して、プランニングしておきたいところです。

こんにちは。
Life isの宮川 友快です。

子ども部屋は大きく分けて2つのタイプがある!

まず確認しておきたいのは、子ども部屋には大きく分けて2つのタイプがあるということです。

スペースを広くとって後で仕切りを入れていく大部屋タイプと、最初から一部屋ずつ独立させた小部屋タイプです。

前者の大部屋タイプのメリットは、時期と場合によってフレキシブルに対応できること。
お子さんが小さいうちは、大きな空間を共有して遊ぶコーナー、勉強机を置くコーナー、ベッドを置くコーナーなどのコーナーづくりをして、共に遊び、共に学ぶといった空間づくりをすることができます。

成長して自分の時間を大切にするようになってきたら、二部屋に分けてそれぞれの個室にします。

また「今はひとりだけだけど、将来は2~3人育てたい」など家族計画はこれからという理由から、個室の数を決めかねているご家庭も、このタイプを採用していることがあります。

4.5畳の狭い「子供部屋」にも長所はある!

最近、広さが4.5畳~6畳程度の「狭い子ども部屋」が良いという考え方も増えてきています。子どもたちが自室にこもってしまわないように、勉強机とベッド、クローゼットがレイアウトできる最低限の広さにして、リビングや夫婦の寝室の広さなどを優先させる場合もあります。

自室が狭いとリビングを活用する機会が増え、家族とのコミュニケーション不足になることを防ぐきっかけにもなります。また、自室が狭いと工夫して整理整頓しなければ必要最低限の収納すらできないということもありますので、クローゼットを活用する習慣、いいかえれば「出したものを元の位置に片付ける習慣」を身につけさせるきっかけにもなります。

このように「狭い部屋」を設けることは、お子さんに「創意工夫する習慣」を身につけさせる機会になるのではないでしょうか。

子ども部屋として作った部屋が、「子ども部屋として機能する期間」というのは、実際のところ小学校中学年~高校卒業までのおよそ10年と言われています。お子さんはすぐに成長して、進学や就職で独立する可能性があります。

お子さんが巣だったあとは、夫婦の趣味の部屋にする、あるいはウォークインクローゼットにするなど、子ども部屋の活用方法についても、あらかじめ考えておくのがおすすめです。

狭い子供部屋のスペースを有効活用するための便利家具

狭い部屋の場合は、スペースを有効に使って機能的な部屋作りをすることが大切です。

おすすめなのは、デスクとベッドが一体化になった家具です。学習机とベッドのふたつは設置するだけでもかなりスペースを割いてしまいます。そこで、スペースを横だけでなく縦にも活用できる家具は、狭い部屋との相性がバツグンです。


マイホームの間取り計画 コラム一覧

この記事を書いたプロ

Life is(ライフ イズ) [ホームページ]

住宅ローンアドバイザー 宮川友快

福井県福井市上野本町22-20-4 [地図]
TEL:0776-76-3763

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
宮川友快さん

共に創り、共に喜び、共に刻む。家づくりそのものが物語になる、家族が主人公の住まい。(1/3)

 家はそこに住む人のためのものであり、家族が集い、安らぎの中で温かな思い出を紡いでいく場所。だからこそ、大切なことを一緒に学びながら、その家族だけの‟理想の家“を一緒に形にしていきたい。そんな想いを実現するべく、宮川友快さんが立ち上げたのが...

宮川友快プロに相談してみよう!

福井テレビ マイベストプロ

自然素材派のこだわり住宅を資金計画から徹底サポート

会社名 : Life is(ライフ イズ)
住所 : 福井県福井市上野本町22-20-4 [地図]
TEL : 0776-76-3763

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0776-76-3763

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮川友快(みやがわともよし)

Life is(ライフ イズ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
住宅 ローンの年数は毎月の返済額を基準に無理なく決めよう
イメージ

マイホームの購入は人生の中の大きなイベントで、多くの方たちは、その家と長いお付き合いをしていくことでしょ...

[ マイホームと住宅ローン ]

住宅ローン控除の仕組み、減税される条件とは?
イメージ

長期間に渡って大きな金額を返済することになる住宅ローン。できることなら、その額は少しでも減らしたいとこ...

[ マイホームと住宅ローン ]

住宅ローンの月々返済額、家賃を目安にするのは危険!
イメージ

住宅ローンの月々の返済は、家計を圧迫しないような額でなければなりません。月々の支払額として、賃貸住宅に...

[ マイホームと住宅ローン ]

住宅ローンにおいて連帯保証人が必要な場合と不要な場合
イメージ

住宅ローンを組む際に気になることのひとつに「保証人」があるのではないでしょうか。ここで注意しておきたい...

[ マイホームと住宅ローン ]

注文住宅で住宅ローンを組む流れと申込のタイミング
イメージ

住宅ローンは、金利の仕組みや目的をよく調べたうえで自身に合うローンを決めていきます。しかし、金利タイプ...

[ マイホームと住宅ローン ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ