コラム

 公開日: 2017-09-28  最終更新日: 2017-09-29

決めることから始まる

人生は選択の連続ですが、最近特に思うことがあります。
それは物事は「決める」ことから始まることが
たくさんあるということです。
・試験を受ける
・家業を継ぐ
・新しい仕事にチャレンジする
・リーダーとして新しいプロジェクトを構築する
・時間を守る
・旅行に行く
・遊ぶ
・トラブル対応の方法を決める
など決めることによってそこから何をすべきかが始まるわけです。
例えば、「試験を受ける」と決めるから、
試験のための勉強を始めるわけです。
試験日は11月だから、今日テキストと過去問を購入して、
1日1時間は勉強する。土日は3時間は勉強する。
また、「家業を継ぐ」と決めるから
家業にいつ入るのか、また入るまでに何が必要なのか
どんな勉強をすべきなのかがわかってくるわけです。
人生に大きな影響を与えないことであれば
決めずにいることも可能ですが、ビジネスにおいて
決めずに日々過ごすということは、大きなトラブルに発展する
可能性もあります。
また成功を収めている経営者の一番大事な仕事は
「決めること」(決断)と言われていますので
決めることがどれほど重要なのかが理解できます。
あなたが今決めたことは何でしょうか。
決めずに放置していることはないでしょうか。
メルマガを書きながら私自身、放置していることあったなあと
自戒を感じています。

福井の社会保険労務士は、
北出経営労務事務所
https://kkr-group.com/
いつでもご相談に乗ります。

この記事を書いたプロ

北出経営労務事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 北出慎吾

福井県福井市高木中央2丁目701番地  ウイング高木2 [地図]
TEL:0776-58-2470

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メルマガ・ブログ登録
イメージ

コラムの内容を自動で受信した場合にはこちらからご登録ください。【メルマガ登録】きたで@経営・人事コンサルタントの「儲かるためのノウハウ事例」http:...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
北出経営労務事務所の代表取締役 北出慎吾さん

「中小企業を元気にする」人事労務の専門家(1/3)

 ‟社会保険労務士“という言葉を辞書で調べると、‟社会保険と労働保険に関して、行政機関に提出する書類・帳簿の作成、相談と指導を行う人または資格”とあります。しかし実際、社労士のイメージを思い浮かべた時に‟書類・帳簿の作成”業務にはなじみがあ...

北出慎吾プロに相談してみよう!

福井テレビ マイベストプロ

社長のビジョンを生かした人材活性化コンサルティングに強み

事務所名 : 北出経営労務事務所
住所 : 福井県福井市高木中央2丁目701番地  ウイング高木2 [地図]
TEL : 0776-58-2470

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0776-58-2470

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北出慎吾(きたでしんご)

北出経営労務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

他の人の話を聞けて良い刺激になりました!

今回の研修で、まずこの半年の振り返りが出来てよかったなと...

H・Y
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インターンシップに給与って必要なの?

新入社員が入社し、会社に活気が出ている企業も多いことと思いますが、それと同時並行で来年入社する新卒採用に...

内定者合宿研修無事終わりました!

おはようございます。久しぶりに50mを走って筋肉痛の福井の人事コンサルタント・社会保険労務士の北出ですw...

働き方改革は「生産性と人材育成

「働き方改革」について詳しく教えてください。とご質問を頂くことがあります。「働き方改革」とは平成29年3月...

成長に必要なキーワード

成長に必要なキーワードって何でしょう?人は「責任感」があると著しく成長します。逆に責任感がないと誰か...

感謝が努力を越えるとき

前回、ご紹介した野村克也著「弱者の流儀」。ここに『感謝力』について記されていました。一流選手の証は「...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ