コラム

 公開日: 2017-02-16  最終更新日: 2017-02-17

過労死を防げ!720時間の壁!

連日働き方改革の一環で労働時間の規制に関する報道が飛び込んできます。
現在、労働時間の上限設定の議論が進められ、次のような動きと
なっています。
1.原則1日8時間 週40時間労働とする。
2.36協定により週40時間を超えて労働可能となる時間外労働の限度を
月45時間かつ、年360時間とする。
3.臨時的な特別な事情がある場合、労使が合意して年間の時間外労働を
1年720時間(月平均60時間)とする。
4.1年720時間以内において、一時的に業務量が増加する場合について
最低限上回ることのできない上限を設ける。
5.月45時間を超えて時間外労働をさせる場合について労働側のチェックを
可能とするため別途、臨時的に特別な事情がある場合と労使が合意した
労使協定を義務付ける。
6.違反した場合罰則を設ける。

労働時間については、過労死などの影響もあり、今までよりも厳しい条件と
なります。
労働時間だけに目を向けるのではなく、仕事の成果にも目を向ける。
今後はこのような視点で労働時間管理を行う企業も増えてくると予想
されます。
人材の確保、生産性の向上による働き方改革は、大企業だけでなく
中小零細企業にも導入されますので、今のうちに自社ではどう対応すべきか
の議論に入っておくことが得策です。

時間外労働のご相談はぜひこちらから
https://kkr-group.com/

この記事を書いたプロ

北出経営労務事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 北出慎吾

福井県福井市高木中央2丁目701番地  ウイング高木2 [地図]
TEL:0776-58-2470

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メルマガ・ブログ登録
イメージ

コラムの内容を自動で受信した場合にはこちらからご登録ください。【メルマガ登録】きたで@経営・人事コンサルタントの「儲かるためのノウハウ事例」http:...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
北出経営労務事務所の代表取締役 北出慎吾さん

「中小企業を元気にする」人事労務の専門家(1/3)

 ‟社会保険労務士“という言葉を辞書で調べると、‟社会保険と労働保険に関して、行政機関に提出する書類・帳簿の作成、相談と指導を行う人または資格”とあります。しかし実際、社労士のイメージを思い浮かべた時に‟書類・帳簿の作成”業務にはなじみがあ...

北出慎吾プロに相談してみよう!

福井テレビ マイベストプロ

社長のビジョンを生かした人材活性化コンサルティングに強み

事務所名 : 北出経営労務事務所
住所 : 福井県福井市高木中央2丁目701番地  ウイング高木2 [地図]
TEL : 0776-58-2470

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0776-58-2470

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北出慎吾(きたでしんご)

北出経営労務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

研修を楽しみに思っておりませんでしたが・・・

心の内を正直に申し上げますと、研修を楽しみには思っており...

H・Y
  • 女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インターンシップに給与って必要なの?

新入社員が入社し、会社に活気が出ている企業も多いことと思いますが、それと同時並行で来年入社する新卒採用に...

内定者合宿研修無事終わりました!

おはようございます。久しぶりに50mを走って筋肉痛の福井の人事コンサルタント・社会保険労務士の北出ですw...

リアルガチ!サラリーマン川柳!

「ゆとりでしょ?そう言うあなたは バブルでしょ?」今年で第30回目を迎えるサラリーマン川柳(第一生命)の...

飲食業界の長時間労働は当たり前

大阪や東京など41店舗を展開する某有名ラーメン店が労働基準法違反容疑で「飲食店運営会社と専務取締役を書類...

あなたはどっち?給与より休日重視

ここ数回、新入社員関連の記事を書いていますが、今回もその続きです。先日、三菱UFJリサーチ&コンサルティ...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ