コラム

 公開日: 2016-06-16 

内定者合同合宿研修がバージョンアップしました!

【内定者合同合宿研修2016】
http://kkr-group.com/seminar/

6月に入り、来春入社の学生に内々定を出しているところも多いと思います。
マスコミの報道でも中小企業を中心に6月1日現在52.4%の学生が内定を得たと発表され、大手企業も刻々と内々定出しを行っています。売り手市場の中、会社としては早いうちに優秀な学生を確保し、企業の採用活動にピリオドを打ちたいですよね。大手の本格的な内定出しが始まる8月までに自社の魅力をもっともっと知ってもらい、内定者同士のつながりをつけることも大事な大事な内定辞退防止の取り組みです。

学生はこの時期「内定ブルー」という現象に陥ります。
内定ブルーとは
「せっかく内定をもらったけど、本命の選考が8月だから、就職活動を終えられない」、
「本命の企業から内定を得て、就職活動を終了した学生が『本当にここでよかったのだろうか…』と不安になる」
「ブラック企業から内定をもらったのではないか」
「人間関係はうまくいくのだろうか」
「勤務地がどこになるか不安」
こういった不安を解消させることが内定辞退防止につながります。

内定辞退防止の取り組みとして代表的なものは
1.内定者との密な連絡
2.内定者同士の交流会、懇親会
3.若手社員との交流
4.社内報の送付
5.入社前研修
が挙げられます。
会社としてできることはぜひ実施し、せっかく内定を出した優秀な内定者の人材確保に努めたいですね。
弊社では「内定辞退を何とかしたい」「どうしたらいいか」などのご相談がありますが、その相談に応えるべく内定者合同合宿研修を開催します!

今年3年目を迎える【内定者合同合宿研修2016】
http://kkr-group.com/seminar/

今年は、ロールプレイング風に内定者に数々の試練を与え、ミッションをクリアしていただく内容に仕上げています。
また、ただ単に他社合同というわけではなく、参加企業の役員・先輩社員にも登場していただき、自社の内定者だけでなく他社の内定者にも指導・評価をしていただく、そんな刺激的で斬新なスタイルを取り入れております。

もしあなたが次のようなことを考えているならぜひご活用ください。
・内定者の内定辞退を防ぎたい
・内定者同士の繋がりを深めてもらいたい
・内定者に先輩社員との繋がりをもってもらいたい
・入社前に自社のことをもっと知ってもらいたい
・社会人になる心構えを持ってもらいたい

講師は私、北出慎吾が行います!

昨年、内定者合同合宿に参加していただいた企業経営者様の声です。
・「内定者合宿に参加させたことにより同期同士のチームワークが良くなり、この会社で働くという覚悟(意志)を強く感じられるようになりました。面接では見えなかった本質が見え、本人たちにも有意義な時間が与えられたと思います。」
(ユニフォームネクスト株式会社 代表取締役 横井様)
・「この内定者研修に参加したことで、内定者は自社のことをよく理解し、社会人になる心構えを持ち、内定者同士や先輩社員との繋がりが深まり、スムーズに入社を迎えることができました。他社との合同合宿研修であったことは内定者にとっても好評で、今後もまた参加させたいと思います。」
(株式会社日本エー・エム・シー 代表取締役 山口様)
・「内定者同士協力して発表資料を作る作業や、それを自社だけでなく他社の社長や内定者の前で発表する機会があり、内定者にとって貴重な経験となっているようです。社会人としての心構えを教えて頂けるだけでなく、内定者同士の親睦の機会にもなるため、とても意義のある研修だと感じています。」
(平林印刷株式会社 代表取締役 平林様)

先着30名の限定企画となります。ぜひご活用ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※1社2名以上でお申し込みください

【内定者合同合宿研修2016】詳細はこちら
http://kkr-group.com/seminar/

昨年参加された方(内定者)からは次のような声を頂いています。
・研修初日は、空気も自分も硬さがあり、うまくやれるか不安でしたが、同期の人や他の会社の人たちとも交流を持つことができ、とてもいい研修になった気がしました。
・同期の人たちとも数回しか会ったことがなく、また他企業の内定者さんとも初めてお会いしたので最初はすごく緊張しました。1泊2日大丈夫かなと思っていましたが、プレゼンやCM作成、懇親会などを通してたくさんのコミュニケーションを取ることができ仲をより深めることができました。来年春からみんなと働くのが楽しみです。
・改めて同年代の人でもこんなに能力がある人や違う考え方を持っている人がいるのだとわかりました。自分も入社までの間にできることがあれば見習いたいと感じました。
・初めはとても緊張と不安だらけでした。同じ会社から参加するのが2名だったので大変だなと思っていました。しかし話し合いをするうちに意見を出し合ったり、反論したりと順調に発表も準備もできたと思います。また先生にはたくさん社会で必要なものを教えてもらったので、社会人になる前に一つでも身につけられたらいいなと思います。
・同期と力を合わせて物事に取り組めたことが大きかった。入社後も力を合わせ勢いに乗って成長していける気がした。入社までに研修で習ったことをしっかりと考え、最高の状態で働けるようにしたい。

詳細・お申込みはこちら
http://kkr-group.com/seminar/

◆日時:2016年9月15日(木)~16日(金)
◆開催場所:芦原青年の家
      (住所/あわら市北潟153-227)
◆定員:10社30名 先着順
 グループワークの都合上1社2名以上でお申し込みください。
◆参加費:お一人様25,000円(税別)
 ※1泊3食付き・資料代・保険料等込み
◆対象:採用内定者の方
 ※企業の担当者の方がお申し込みください。
◆申込期限:8月19日(金)まで
 ※先着順ですので、定員に達し次第締め切らせて頂きます。

詳細・お申込みはこちら
http://kkr-group.com/seminar/

この機会にぜひご利用くださいませ!!

この記事を書いたプロ

北出経営労務事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 北出慎吾

福井県福井市経田2-302-1 フェルティビル203 [地図]
TEL:0776-58-2470

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メルマガ・ブログ登録
イメージ

コラムの内容を自動で受信した場合にはこちらからご登録ください。【メルマガ登録】きたで@経営・人事コンサルタントの「儲かるためのノウハウ事例」http:...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
北出経営労務事務所の代表取締役 北出慎吾さん

「中小企業を元気にする」人事労務の専門家(1/3)

 ‟社会保険労務士“という言葉を辞書で調べると、‟社会保険と労働保険に関して、行政機関に提出する書類・帳簿の作成、相談と指導を行う人または資格”とあります。しかし実際、社労士のイメージを思い浮かべた時に‟書類・帳簿の作成”業務にはなじみがあ...

北出慎吾プロに相談してみよう!

福井テレビ マイベストプロ

社長のビジョンを生かした人材活性化コンサルティングに強み

事務所名 : 北出経営労務事務所
住所 : 福井県福井市経田2-302-1 フェルティビル203 [地図]
TEL : 0776-58-2470

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0776-58-2470

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北出慎吾(きたでしんご)

北出経営労務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

これから勉強しなくてはという気持ちになった!~2014年内定者合同合宿研修~

◆元気朝礼に参加して  一度、企業訪問に行った時、そちらの...

内定者H
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
内定者合宿研修無事終わりました!

おはようございます。久しぶりに50mを走って筋肉痛の福井の人事コンサルタント・社会保険労務士の北出ですw...

SNS投稿に関しての注意点は?

先日の「労務リスクセミナー」事例紹介での続きです。・「社員のSNS(フェイスブックやツイッターなど)で会社の...

あなたの会社に罰金制度はありますか?

先日保険会社さん主催の「労務リスクセミナー」で講師を務めさせていただきました。その中で意外と反応が高かっ...

かとくってご存知ですか?

巷では、電通の過労死事件を受けて、厚生労働省が働き方改革促進に向けて舵を切ろうとしています。最近、マス...

65歳の定年を制度化して助成金

先日、平成28年2次補正予算の成立において新設の助成金が発表されました。それが、「65歳超雇用推進助成金」です...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ