コラム

 公開日: 2015-03-12 

定額(固定)残業代について

おはようございます。

最近プレミアムビールにはまっている

福井の人事コンサルタント・社会保険労務士の北出慎吾です。

どこのメーカーも出している「プレミアム」

高級感があり、深い味(笑)わかっているようでわかっていないですが

とにかくおいしいです(笑)

さあ、本日もメルマガお楽しみください!!


その前にセミナーのご案内です。

o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○*.。
トップマネジメント養成講座2015 
■小さな会社の経営者、経営幹部が一緒に学ぶ勉強会■

ランチェスターやドラッカーを取り入れたお得な内容です。

詳細・お申込みはこちら
http://kkr-group.com/seminar/index.html

o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*+.。o○*.。


=========================
     定額(固定)残業代について
=========================

「当社では給与に残業代を含めた固定残業代制度を導入しています。
昨今、固定残業代が違法だという主張もされているようですが、
これは違法なのでしょうか?」

定額残業代(固定残業代・みなし残業代)とは、給与や手当に
時間外労働手当(以下、残業代)を含める賃金体系です。

あらかじめ一定時間分の時間外労働に対する割増賃金(残業代)分を
支払っておくということから定額残業や固定残業、みなし残業などと呼ばれています。

中小企業の経営者の方に「残業手当はキチンと支払っていますか?」
という問いに「うちの会社は面接の時点で『残業代込みでいくら』というように
 納得して働いてもらっているよ。」

という答えが返ってくることがあります。

労働契約は、お互いの合意ですので、特に問題は無いように思われますが、
昨今、固定残業代について裁判所では次のような見解を出しています。

判例1:徳島南海タクシー事件 平11.12.14最高裁

「労使間で、時間外・深夜割増賃金を定額として支給することに合意したものであれば、
その合意は、定額である点で労働基準法第37条(時間外・休日労働・深夜労働の割増賃金の規定)
の趣旨にそぐわないことは否定できないものの、直ちに無効と解すべきものではなく、
通常の賃金部分と時間外・深夜割増賃金部分が明確に区別でき、
通常の賃金部分から計算した時間外・深夜割増賃金との過不足額が計算できるのであれば、
その不足分を使用者は支払えば足りると解する余地がある。」

判例2:テックジャパン事件:H24.3.8 最一小判での補足意見

「便宜的に毎月の給与の中にあらかじめ一定時間(例えば10時間分)の残業手当が
算入されているものとして給与が支払われている事例もみられるが、その場合は、
その旨が雇用契約上も明確にされていなければならないと同時に支給時に支給対象の
時間外労働の時間数と残業手当の額が労働者に明示されていなければならないであろう。

 さらには10時間を超えて残業が行われた場合には当然その所定の支給日に
 別途上乗せして残業手当を支給する旨もあらかじめ明らかにされていなければ
 ならないと解すべきと思われる。

以上のようなことを踏まえ、定額残業代として認められるためには、次の3つの要件が必要とされます。

1.定額残業代制度を採用することが労働契約(就業規則、雇用契約書等)の内容となっていること

2.通常の労働時間に対する賃金部分と定額残業部分が明確に区別されていること

3.労働基準法所定の計算方法による額がその額を上回るときはその差額を
当該賃金の支払期に支払うことが合意されていること

よって、定額残業代制度に関する労働契約・個別の合意もまた、就業規則にも規定がなく、
就業規則に規定があっても周知されていない場合には、その定額残業代制度は
労働契約の内容とはいえないので効力としては発生していないということになります。


よく言われる「残業代込みの給与だよ」

明確に労働契約として定められ、就業規則等に明記され周知されることによって
初めて認められるものとなります。
口頭での合意は裁判では認められていません。

ぜひ自社の就業規則等見直してみてください。

うちはどうなのだろうか?
という場合はぜひご相談くださいませ。



【編集後記】
プレミアムビールの飲み比べ^^
最近密かな楽しみです(笑)

この記事を書いたプロ

北出経営労務事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 北出慎吾

福井県福井市経田2-302-1 フェルティビル203 [地図]
TEL:0776-58-2470

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メルマガ・ブログ登録
イメージ

コラムの内容を自動で受信した場合にはこちらからご登録ください。【メルマガ登録】きたで@経営・人事コンサルタントの「儲かるためのノウハウ事例」http:...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
北出経営労務事務所の代表取締役 北出慎吾さん

「中小企業を元気にする」人事労務の専門家(1/3)

 ‟社会保険労務士“という言葉を辞書で調べると、‟社会保険と労働保険に関して、行政機関に提出する書類・帳簿の作成、相談と指導を行う人または資格”とあります。しかし実際、社労士のイメージを思い浮かべた時に‟書類・帳簿の作成”業務にはなじみがあ...

北出慎吾プロに相談してみよう!

福井テレビ マイベストプロ

社長のビジョンを生かした人材活性化コンサルティングに強み

事務所名 : 北出経営労務事務所
住所 : 福井県福井市経田2-302-1 フェルティビル203 [地図]
TEL : 0776-58-2470

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0776-58-2470

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北出慎吾(きたでしんご)

北出経営労務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

社会人になる前に一つでも身に付けられたらいいな~2014年内定者合同合宿研修~

◆元気朝礼に参加して  声だしの練習をすると思っていたので...

内定者F
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
内定者合宿研修無事終わりました!

おはようございます。久しぶりに50mを走って筋肉痛の福井の人事コンサルタント・社会保険労務士の北出ですw...

SNS投稿に関しての注意点は?

先日の「労務リスクセミナー」事例紹介での続きです。・「社員のSNS(フェイスブックやツイッターなど)で会社の...

あなたの会社に罰金制度はありますか?

先日保険会社さん主催の「労務リスクセミナー」で講師を務めさせていただきました。その中で意外と反応が高かっ...

かとくってご存知ですか?

巷では、電通の過労死事件を受けて、厚生労働省が働き方改革促進に向けて舵を切ろうとしています。最近、マス...

65歳の定年を制度化して助成金

先日、平成28年2次補正予算の成立において新設の助成金が発表されました。それが、「65歳超雇用推進助成金」です...

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ