プロTOP:北出慎吾プロのご紹介

「中小企業を元気にする」人事労務の専門家(1/3)

北出経営労務事務所の代表取締役 北出慎吾さん

人事制度、社員教育にまで携わるコンサルティング力が強み

 ‟社会保険労務士“という言葉を辞書で調べると、‟社会保険と労働保険に関して、行政機関に提出する書類・帳簿の作成、相談と指導を行う人または資格”とあります。しかし実際、社労士のイメージを思い浮かべた時に‟書類・帳簿の作成”業務にはなじみがあっても‟相談と指導”の部分にはピンとこない人が多いのではないでしょうか。

 「経営者に『経営をする上で頼りにしているのは?』という質問をした結果、税理士、銀行…などの名前が挙がる中、社労士はトップ10にも入っていなかったんです。人事・労務管理に携わる‟人の専門家”として国家資格にもなっているのに、経営者にとっては社労士の存在意義がまだまだ認知されていない現状に愕然としました」と話す北出経営労務事務所代表の北出慎吾さん。31歳で事務所を設立・開業し、情熱を持った若手社労士として意欲的に活躍する北出さんは、こうした現状を変えたいと人事制度の構築や社員研修、セミナー、講演など、社労士の資格と経験を活かした様々な活動に取り組んでいます。

 会社とは経営者と労働者、両方の歯車がうまくかみ合わないと前に進むことができません。北出さんはコンサルティング会社での勤務経験から‟会社の成長=社員の成長”であることを実感し、人に携わる仕事がしたいという思いから社会保険労務士の資格を取得。社長の話を丁寧にヒアリングした上で、経営サイドに立ったアドバイスや労務トラブルの対応、また、会社を成長に導くための人事制度や社員教育の提案にも力を入れています。

 こうした情熱と行動力が形となり、現在は従業員1名~500名規模まで幅広い企業と顧問契約を結ぶ北出さん。インターネットの進化によって専門家でなくても手続き業務が出来るようになりつつある現状の中、社労士本来の仕事を追求し福井No.1を目指す北出さんの活躍は多くの経営者から注目を集めています。

<次ページへ続く>

【次ページ】 「中小企業を元気にしたい」その思いが活躍の原動力

最近投稿されたコラムを読む
メルマガ・ブログ登録
イメージ

コラムの内容を自動で受信した場合にはこちらからご登録ください。【メルマガ登録】きたで@経営・人事コンサルタントの「儲かるためのノウハウ事例」http:...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

北出慎吾プロに相談してみよう!

福井テレビ マイベストプロ

社長のビジョンを生かした人材活性化コンサルティングに強み

事務所名 : 北出経営労務事務所
住所 : 福井県福井市高木中央2丁目701番地  ウイング高木2 [地図]
TEL : 0776-58-2470

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0776-58-2470

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

北出慎吾(きたでしんご)

北出経営労務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

どんなチャンスも良い方向にとらえ、考え、良い教訓としたい~フォローアップ研修~

私は入社して1年と半年が経つ 入社した時のフレッシュな気...

新入社員F
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
インターンシップに給与って必要なの?

新入社員が入社し、会社に活気が出ている企業も多いことと思いますが、それと同時並行で来年入社する新卒採用に...

内定者合宿研修無事終わりました!

おはようございます。久しぶりに50mを走って筋肉痛の福井の人事コンサルタント・社会保険労務士の北出ですw...

感謝が努力を乗り越える力になる

前回、ご紹介した野村克也著「弱者の流儀」。ここに『感謝力』について記されていました。一流選手の証は「...

他者評価は自分の鏡!あなたはステキですか?ぶさいくですか?

最近、仕事の本質や考え方を見つめ直すためにランチェスター関係(弱者の戦略)の本や哲学書、倫理の黒い本を読...

イマドキ若手社員!!

日本能率協会マネジメントセンターがイマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2017の結果を公表しました。調...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

北出慎吾のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は北出慎吾さんが更新している外部メディアサイトです。

rss
ブログ
2017-09-25
facebook
Facebook
ページの先頭へ